http://www.harada-home.com/ info@harada-home.com
harada ism*「凛とした姿勢」北海道の家を考えます。rin「凛」
TOP Information 会社案内 SW工法説明 サービス Design(施工例) 社会貢献 資料請求 リンク
SW工法
静快

冬(夏)の住宅は、家の中のどこへ行っても暖かく(涼しく)、部屋の上下温度差や部屋ごとの温度差が小さいことが理想です。

以下のグラフはスーパーウォール工法住宅と一般住宅を対象に、 冬の部屋ごとの温度変化を調査したものです。

■一般住宅の温度変化

注)ここに掲載しましたデータは、一定の仕様・条件下での測定の一部であり、住宅の仕様・生活スタイル・立地条件・測定条件等によっては、異なった値となる場合があります。
 

断熱性が低く、すき間の多い住宅での冷暖房は、 たくさんのエネルギーを絶えず注ぎ続けなければなりません。 逃げていく室温を保とうと、冷暖房を必要以上のレベルで運転するため、 居間と廊下、空間の上下の温度差は更に広がります。



■スーパーウォール工法住宅の温度変化

注)ここに掲載しましたデータは、一定の仕様・条件下での測定の一部であり、住宅の仕様・生活スタイル・立地条件・測定条件等によっては、異なった値となる場合があります。
 

冬の住宅は、家の中のどこへ行っても暖かく、 部屋の上下の温度差や部屋ごとの温度差が小さいことが理想です。 全室が一日中快適な温度に保たれていることが分かります。





強美

高い気密性能、断熱性能、耐震性能は図のようなパネル構造にその秘密があります。

■SW工法
在来木造軸組工法をベースに、柱の間に高耐震・高断熱パネルをはめこんでいくもので、断熱性、気密性、耐震性を高めます。

 

このような、高気密、高断熱、高耐震のパネルで、家全体の構造体をくみ上げて行きます。


■SS工法
在来木造軸組工法のように軸(柱)ではなく、 壁自体で強度を持たせるパネル工法で断熱性、気密性、耐震性を高めます。

 





清静

住宅の断熱、気密性能は構造体と開口部の総合点で決まります。

 

SW工法、SS工法ではこれまでの最大の問題点だった開口部(窓や玄関)の断熱化にも十分な配慮を施しています。





快優

SW工法、SS工法は気密性を限りなく高めた構造なので、すき間風に邪魔されず、家中をまんべんなく換気できます。
注)下記のイメージ図は、SW工法を例としています。SS工法はイラストと仕様・構造が多少異なります。

■計画換気システム(イメージ図)
室内で発生する湿気や臭気を排除、外からの空気を各部屋の吸気口などから取り入れます。経済性の高い排気型計画換気 システム

※上図はSW工法住宅を例とした床断熱仕様の場合です。仕様によりイラストと異なる構造となる場合があります。
※実際の空気の流れと異なる場合があります。



■熱ロスが少ない顕熱交換型計画換気システム


※上図はSW工法住宅を例とした床断熱・小屋断熱仕様の場合です。仕様によりイラストと異なる構造となる場合があります。
※実際の空気の流れと異なる場合があります。




■関連ページ
【トステム】スーパーウォール工法/SWデザイン住宅

Copyright(C)2006,Harada construction company,Harada Construction design office,All rights reserved.
掲載されている画像および記事は文字堂及び表示された関係者の著作物です。
原田工務店HomePageに掲載されている記事および、画像などの全ての著作物の無断使用・無断転載を禁じます。
  (有)原田工務店・ハラダ建築設計事務所