http://www.harada-home.com/ info@harada-home.com
harada ism*「凛とした姿勢」北海道の家を考えます。rin「凛」
TOP Information 会社案内 SW工法説明 サービス Design(施工例) 社会貢献 資料請求 リンク
サービス
サービス1
地盤保証
当社では、トステムのビルダー共済会に加入しており、住宅の建築途中に、建築会社が倒産等で契約を履行できなくなっても、お施主様に対して完成引渡しまでを保証する制度に加入しております。
ビルダー共済会が窓口となって、制度の管理、運営をおこなっています。


主な特長
・特徴1/建物が完成されるまで安心
・特徴2/個人での保証ではないので安心
・特徴3/保証会社の母体がシッカリしているため安心

保証内容
10年保証
◇補てん金額=(修補費用−免責額10万円)×80%
この保証は物件に対して担保されます。期間内であれば住宅が譲渡・売却によって所有者が代わっても継続されます。


◇補てん金額の限度額=5,000万円

引渡し後、予期せぬ廃業または倒産により、実質的に建築請け負いのビルダー様が手直しできなくなった場合は、JIOが指名する別の登録ビルダー様に、住宅の基本性能に関わる重大な瑕疵の手直しを委託。JIOが工事費を補てんします。

参照項目
保証会社・・・日本住宅保証検査機構(JIO)



サービス2
建物完成
引渡保証
当社では日本住宅保証検査機構(JIO)に加盟しており住宅の建築前に地盤調査を行い必要と判断された物件に対しては改良工事を行い、住宅竣工後10年間の地盤保証書をJIOより発行しております。

主な特長
・特徴1/地盤調査の実施
・特徴2/必要と判断されたら地盤改良工事
・特徴3/10年間の地盤保証書を発行

保証内容
< 保証内容 1
建物完成引渡保証は、建築工事請負契約書に基づく「建物本体の未完成部分の完成を保証します。
ビルダー共済会会員の倒産等による不測の事態で、建築工事がストップした場合、ビルダー共済会がお施主様に代わって、継続工事のための調査や業者の選定、追加費用の負担等をお引き受けします。
建物完成引渡保証証書の条件通りであれば、お客様は当初の建築工事請負契約書以上の負担はありません。


保証内容 2
上限は1億円。業界最大級です。
ビルダー共済会の「建物完成引渡保証」の保証限度額は、業界最大級。どの保証団体よりも保証額が大きく、上限1億円までの損害を保証します。契約保険会社は「あいおい損害保険株式会社」です。


保証内容 3
ビルダー共済会が保証対象とする物件は次の通りです。
[保証対象物件の範囲] (ビルダー共済会会則 第5条より抜粋)
1 建築工事請負金額が1億円以内で、3階建てまでの階層の建物。
2 特殊な意匠、工法、構造でない建物。
3 賃貸アパート、賃貸マンション、建売分譲住宅、分譲マンション等を除く居住目的の住宅。
4 増改築物件の場合は1千万円以上であること。
5 トステム製品(サッシ、住宅設備機器、内装材建材、パネル等)が使用された物件であること。
※その他、審査により保証対象と認められない建物は除きます。

参照項目
ビルダー共済会



サービス3
瑕疵保証
住宅の新築工事を請負った工務店や分譲住宅の売主は、施主や買主に対して、新築住宅の基本構造部分に引き渡しの日から10年以内に瑕疵が発見された場合、その瑕疵を無料で補修するなどの責任を負うことになります。

主な特長
・特徴1/10年の瑕疵保証は法律で決められています。
・特徴2/保証書を発行しなくても保証しなければなりません。
・特徴3/自社の保証書を発行しています。

保証内容
新築住宅の瑕疵担保責任に関する特例
1 新築住宅の取得契約(請負/売買 平成12年4月1日以降の契約)において、基本構造部分(柱や梁など住宅の構造耐力上主要な部分、雨水の浸入を防止する部分)について10年間の瑕疵担保責任(修補請求権等)が義務づけられます。
2 新築住宅の取得契約(請負/売買)において、基本構造部分以外も含めた瑕疵担保責任が特約を結べば20年まで伸長可能になります。

対象となる部分 新築住宅の基本構造部分
*基礎、柱、床、屋根等
請求できる内容 修補請求、賠償請求
*現行法上の売買契約には明文化されていません。

解除
*売買契約の場合で修補不能な場合に限ります。(これらに反し住宅取得者に不利な特約は不可)
瑕疵担保期間 完成引渡から10年間義務化
*現状では10年未満に短縮可能でした。(短縮の特約は不可)


参照項目
住宅の品質確保の促進等に関する法律のポイント



当社の瑕疵保証10年の保証書
保証書(PDFファイル)

別紙1長期保証(PDFファイル)

別紙2短期保証(PDFファイル)
  PDF書類をご覧いただくには、アドビ・アクロバットリーダーが必要です。下のアイコンをクリックし、無料配布されているアクロバットリーダーをダウンロードするか、コンピューター関連雑誌の付録CD-ROMなどで入手し、インストールしてください。
(注:接続回線の状況によっては時間がかかる場合があります。)


Copyright(C)2006,Harada construction company,Harada Construction design office,All rights reserved.
掲載されている画像および記事は文字堂及び表示された関係者の著作物です。
原田工務店HomePageに掲載されている記事および、画像などの全ての著作物の無断使用・無断転載を禁じます。
  (有)原田工務店・ハラダ建築設計事務所